beng0421’s blog

ウブロ コピー:http://www.ninkitokei.com/brandcopy-l-41.html

TOGA の2018年秋冬コレクションは、前シーズンに引き続き解放的なディテール

TOGA 2018-19年秋冬コレクション - 解放の美と秘匿の美

スーパーコピーブランド服 TOGA(トーガ)の2018年秋冬コレクションは、前シーズンに引き続き解放的なディテールが採用された。しかし、前回と異なるのは、その解放が、直結して肌を見せることに繋がるのではないということ。敢えて中を見せることで生まれる解放的な美と、肌を隠し体のラインを覆うことで生まれる秘匿の美が表裏一体でせめぎ合っている。

美しさに直結する解放

最もモチーフとして象徴的だったのは、古典的なスカーフだ。スーツは、マニッシュなボックスシルエットで、表と裏をひっくり返したような風貌。裏地であるはずの部分にはスカーフ柄が踊るように用いられ、パンツは穴があいて、中に隠されていたスカーフが漂っている。

重ね、隠した先に見える美しさ

タイトスカートも同じだ。穴が大きくあいて、そこからはひらひらとゴシック調のスカーフが舞う。ラップスカートはピンでとめて、あえて裏地を見せることで、解放へのきっかけを作った。そのディテールはまるで人工的に風の動きを作っているみたいで、自然と服が躍動的になる。特にミモレ丈のコートやスカートに採用されたそのディテールは、インナーを必然的に可視化し重層的な服の構造をもあらわにしているのだ。

対比的に広がるエレガンスの表現

ファブリックもまた重要な要素となった。シースルー素材やクラシカルなレースの組み合わせがその好例で、これらは、時には流れるようなプリーツとともに、またある時には大胆なスリットとともに掛け合わせられ、マニッシュなアイテムにでさえセンシュアルな印象を与えている。ジャケットもパンツも、ベースはあくまでマニッシュだから、その正反対の女性らしさが逆説的に強調されているのが面白い。


今季はシルエットも比較的ワイドなものをチョイスすることで、女性らしさを感じさせるラインがかき消されているのが見て取れる。しかし、そこに加わるのが、スリットや素材感など巧妙なテクニックの数々。解放と秘匿によって見出されたのは、色気を感じさせながらも、男性的な力強さを想わせる芯のある女性だったのだろう。

レディース 海外ファッション通販